【iPhoneⅪ(仮)情報】トリプルレンズカメラ搭載!!機種変更のメリットとは?? | iPhone修理を熊本でお探しの方ならスマップル熊本店

iPhone修理を熊本でお探しの方ならスマップル熊本店

熊本店 096-273-6442

熊本市中央区下通1丁目8-20下通センタービル1F

熊本のiPhone修理なら下通りより徒歩1分!最速15分の工賃込み(地域最安値)の安心価格!ガラス交換からボタン系修理、水没復旧など修理のことならスマップル熊本店にお任せください。

iPhone修理 熊本 スマップル熊本店

【iPhoneⅪ(仮)情報】トリプルレンズカメラ搭載!!機種変更のメリットとは??

【iPhoneⅪ(仮)情報】トリプルレンズカメラ搭載!!機種変更のメリットとは??

カテゴリ:お役立ち情報

いよいよ来月発表となる予定の『iPhoneⅪ(仮称)』ですが、この時期になるとリーク情報もだいぶ固まって参りました。

今回発表となるであろう目玉機能『トリプルレンズカメラ』ですが、見た目の印象から賛否両論あるように見受けられます。

 

スマートフォン業界は近年“カメラ性能”に力を入れている傾向にあります。

トリプルレンズカメラ(3眼)搭載の端末に関して言えば、実は既にHUAWEI、Xiaomi、OPPOなどのアジア圏スマートフォンメーカーから発売されており、どちらかといえばAppleは後手に回っています。

iPhoneとよく比較される、SONYのXperiaシリーズも今年『Xperia 1』を発表。こちらもトリプルカメラを搭載しています。

 

ともあれAppleユーザーの方が現在使用しているのは最新のものでもデュアルカメラ搭載のiPhoneXS/XSMaxです。

今回の3眼カメラ発表から、果たして機種変更の価値があるのか?と恐らく迷っているであろう方へ本日は新iPhoneのカメラについてのお話です。

 

 

今年発売予定の機種は3機種?

現在の有力な情報では、今年発売のiPhoneの名前は『iPhoneⅪ』『iPhoneⅪMax』もしくは『iPhonePro』『iPhoneⅪR』という予想がされています。

標準モデル、大画面モデル、廉価版モデルと、展開されるものとしては2018年と同じということになりそうです。

(一部では待望のiPhoneSEの後継機『iPhone mini』の発表も噂されていますが、今回はひとまず置いておきます。)

 

iPhoneXIリーク画像

 

一部の話では、大型モデルのみにトリプルカメラが搭載され、標準版、廉価版モデルには搭載されない可能性があるようです。

デザインとしては、縦に3つ並ぶ形や横に3つ並ぶ形も想定されていましたが、写真の様な三角形の配置がほぼほぼ決まりのようです。

 

 

違いは『超広角レンズ』!?

iPhone7Plus以降の機種に採用となっているデュアルカメラは、『広角レンズ』と『望遠レンズ』という二つのレンズを搭載していましたが、今回追加される予定のもうひとつのカメラは『超広角レンズ』のカメラとなるそうです。

 

進化した機能・特徴は以下の通り

◆視界の全景色が撮れる超広角レンズ。

◆光量の少ない暗い場所での画質向上。

◆高い解像度に見合う細部の高い描写力。

◆最大3倍光学ズーム

 

iPhoneのカメラは、撮影するモードによって写し出す物体の焦点が異なります。

 

カメラ視野角

 

◆超広角レンズ:焦点約12mm(122°)

画像を見てわかる通り、超広角レンズは広い景色を一枚に収められるほどの視野角があります。人の目が捉えている角度120°とほぼ同じ性質となっており、一般的な一眼レフカメラのレンズの中でも特殊で高価なものとされているようです。観光地等で広い背景を一枚の写真に収めたい時に重宝しそうです。

 

◆広角レンズ:焦点約28mm(75.4°)

広角レンズは人物などの被写体と背景を同時に写すのに適しており、iPhoneのカメラの主機能はこの広角レンズを用います。一部のリーク情報では、イメージセンサー画素数が〈1200万画素〉から〈1400万画素〉へ増えるという情報もある為、より鮮明な撮影が可能となりそうです。

 

◆望遠レンズ:焦点約50mm(46.8°)

望遠レンズは被写体のみを切り抜き背景をぼかす撮影に適しています。デュアルカメラで追加されたのがこの望遠レンズで、iPhoneX以降新たに『ポートレートモード』での撮影が可能となりました。トリプルレンズカメラのセンサー解像度は〈1000万画素〉と〈1400万画素〉の2種類に変更されるという話も上がっています。

 

トリプルカメラの搭載により、今まで以上に様々なシチュエーション、様々な被写体のものを撮影できる様になるでしょう。

 

 

2020年には『3D ToF センサー』が搭載?

実はトリプルカメラの開発の裏で、AppleがSONYから『3D ToF センサー』の技術を取り入れるという話も出ている模様。

 

・『3D ToF センサー』とは

ToF=Time of Flightの略称で、物体までの距離を測る技術の1つです。近光源から発した光が対象物で反射し,センサーに届くまでの光の飛行時間(時間差)を検出することで,対象物までの距離を測定します。

 

近年3DマッピングやAR技術等にも用いられ、SONYはこのToF技術を使った新技術「DepthSense」のプロモーションビデオをYoutubeで公開しています。次期Xperia(Xperia1の後継機)にも導入されることとなりそうです。

2020年のiPhoneにもこの技術を搭載することで、更なるカメラ機能の進化が期待されると共に、2019年の新iPhoneには「5G通信」の対応もされていないことから、今年機種変更を行うか否か、意見が分かれそうなところでもあります。

 

 

デザイン次第では機種変更を見送りも。

今回のトリプルカメラの搭載は、端末デザインにも影響を及ぼす可能性があるそうです。

一部のユーザーからは、やはり大きく場所を取っているカメラレンズデザインに納得いかないという声もあったり、新機種で噂されている双方向ワイヤレス充電機能を搭載することでバッテリー容量を増やす計画もあり、現在のiPhoneXシリーズより本体の重量や厚みが増す可能性もあったりと、デザイン次第では今年のiPhoneを見送るというユーザーも多数いる様子。

9月の発表次第でガラリとイメージが変わる可能性もありますが、現状のリーク情報通りでいくならば、そこまで人気が出ることはなさそうな気もします。

 

 

発売日予想は9月20日!!

昨年のiPhoneXS/XS Maxがこちら

発表日:2018年9月13日(木)

予約開始日:2018年9月14日(金)

発売日:2018年9月21日(金)

iPhoneXRだけ少し遅れた10月26日となっています。

 

例年の傾向からすると、発売日は9月20日前後となるようです。

予約開始日が約1週間前にくると仮定すると、発表があるのは9月11日、12日あたりではないかと予想されます。

 

 

現在機種変更をするか悩まれている方はあと2週間ほどの辛抱です!

また新機種情報が入り次第ご紹介していこうと思います!

Pocket

2019年08月28日

スマップル熊本店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

スマップル熊本店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

iPhone修理 熊本 スマップル熊本店
 
店舗名 スマップル 熊本店
営業時間 10:00~21:00
TEL 096-273-6442
住所 〒 860-0807
熊本県熊本市中央区下通1丁目8-20下通センタービル1F
 
店舗名 スマップル 熊本店
営業時間 10:00~21:00
TEL 096-273-6442
住所 〒 860-0807
熊本県熊本市中央区下通1丁目8-20下通センタービル1F
熊本県で1番安いiPhone修理店
グループサイトbanner

皆様に愛されて全国に拡大中!

グループサイトbanner

iPhone・スマホ修理市場は成長産業です!