iPhone修理を熊本でお探しの方なら
スマップル熊本店

スマップルは業界最安値に挑戦中!!
熊本店096-273-6442
営業時間10:00 ~ 21:00
iPhone修理を熊本でお探しなら、鶴屋から徒歩5分のスマップル熊本店へ!画面割れやバッテリー交換などアイフォンの修理に関することは何でもお任せください。

iPhone修理 熊本県 スマップル熊本店

iOS11.3がリリース!気になるバッテリー診断機能の使い方

先日ようやくiOS11.3がリリースされましたね!

 

今回のアップデートは不具合の修正だけではなく、
各種新機能も追加された大きなアップデートとなっております。

 

その中でも多くのユーザーから期待されている機能が
今回新しく実装された「バッテリーの診断機能」です!

 

今まではユーザーがバッテリーの劣化状態を知るには、
専用のバッテリー診断ソフトをPCにインストールして使用したり、
バッテリー診断アプリをお使いのiPhoneにダウンロードする等、
ちょっと手間の掛かることをしなければいけませんでしたが、

 

今回のアップデートでは,

iPhoneにバッテリーの劣化具合を教えてくれる機能が標準で搭載されるので便利になりますね!

 

早速使い方の確認をしていきましょう!

 

iOS11.3 バッテリーの状態βの使い方

使い方はいたって簡単です!

まず、設定画面を開き、

 


「バッテリー」の項目をタップ。
すると下の画面が現れると思います。

ここではバッテリーの%表示の変更や低電力モードのON・OFFが出来るのですが、

 

iOS11.3からは新たに「バッテリーの状態β」という項目が追加されているのでこちらをタップします。
すると・・・

こちらの「最大容量」という形でバッテリーの劣化具合を確認できるようになっています!

 

ここの数値が私の場合は現在99%なのでまだほぼ劣化はしていないと言えますが、
バッテリーが劣化してくると徐々にこの%数値が低下していき、
80%を切る頃には確実に劣化しているので交換が必要になってきます。

 

最大容量が80%になっているバッテリーは充電画面の電池マークが100%になっていても、
実際は80%ほどの電力しか蓄えることが出来なくなっているんです。

 

さらに、
この下にある「ピークパフォーマンス性能」についてなんですが、

 

これは簡単に説明しますと、iPhoneがバッテリーの劣化を検知し、
このままでは予期せぬシャットダウンが発生する可能性があると判断した場合、
供給電力を調整することでシャットダウンを未然に防ぐ代わりに、
動作等のパフォーマンスを意図的に低下させる機能があります。

 

この機能のON・OFFの切り替えが出来るのが「ピークパフォーマンス性能」です。
ただし、この機能は通常状態では常にONになっており切り替えが出来なくなっています。

 

iPhoneが一度強制シャットダウンを経験するとこの機能のON・OFFの切り替えが出来るようになります。

バッテリーの劣化は放置していても良いことはないので、
皆さんもiOS11.3にアップデートしたら、
是非この機能を使ってバッテリーの状態を確認してみてくださいね!

カテゴリ:お役立ち情報投稿日:2018年4月4日

お問い合わせスマップルへの修理予約&お問い合わせ

iPhone修理は スマップル熊本店 へ!
スマップルは、総務省登録修理業者登録申請済みです。現在登録番号発番中にて、HPを随時更新致しますので安心してお問い合わせ下さい。
店舗名スマップル熊本店
営業時間10:00 ~ 21:00
TEL096-273-6442
住所〒860-0807
熊本県熊本市中央区下通1丁目8-20
下通センタービル1F
スマップル熊本店への道順
ページのトップへ移動